2011-02-18

ヴォイニッチ手稿をfullで見れるサイト

オカルトマニアの間では超有名な
「ヴォイニッチ手稿」を見れるサイトを見つけたので掲載
・ヴォイニッチ手稿ギャラリー

ちなみにヴォイニッチ手稿とは



暗号とおぼしき未知の文字で記され、
多数の彩色挿し絵が付いた230ページほどの古文書。
暗号が解読できないので、何語で書かれているのか、
内容が何なのか不明である。
また、多数の挿し絵も本文とは無関係であるとの説もある。

作成時期は14世紀から16世紀頃と考えられている。
アリゾナ大学で行われた放射性炭素年代測定により、
使用されている羊皮紙は1404年から1438年に作られたと判明した。
だが執筆時期はさらに後年の可能性がある。
手稿の名称は発見者であるポーランド系アメリカ人の古書商、
ウィルフリッド・ヴォイニッチ(en)にちなむ。
彼は1912年に、イタリア・ローマ近郊のモンドラゴーネ寺院で同書を発見した。
現在はイェール大学付属バイネキー稀書手稿ライブラリが所蔵する。



引用ウィキペディア

だそうです
なかなか興味深いものでした・・・
暇な方は見ることをおすすめします




「錬金術」
今回の記事、役に立ったらこちらをクリック!.
人気ブログランキングへ


blogram投票ボタン


☆★コメント★☆

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...