2016-09-30

陽炎型駆逐艦「雪風」のソナー?を国立台湾大学で発見!?

PR


台湾出身で艦これ提督の友達が「雪風」のものと言われているソナーの存在について教えてくれたので紹介します。

※画像は雪風・・・ではなく島風と連装砲ちゃん




「水中聴音聲納陣列」「陽字號驅逐艦聲納装備」
陽字号駆逐艦とは、太平洋戦争終了後に中華民国海軍が旧日本海軍や他国から貰った駆逐艦の総称で、新しく命名した艦名には「陽」の字がついています。
ちなみに日本からは、「丹陽(陽炎型・雪風)」、「信陽(改松型・初梅)」、「華陽(改松型・蔦)」、「瀋陽(峯風型・波風)」、「汾陽(秋月型・宵月)」、「衡陽(松型・楓)」、「惠陽(松型・杉)」が編入されています。


裏側から見た写真です。


水中聴音機についての解説。中国語はよく分かりませんが、写真を見る限り、ソナーの仕組みなどについて書いてあるようです。


このソナーは国立台湾大学の海洋工学系の研究室に置かれていて、残念ながら通常は一般公開はされていません。


<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...