2016-11-29

大阪大学が舞台・モデルとなっている小説

PR


もはや読書の秋も悠久の彼方へ過ぎ去ってしまいましたが、阪大がモデルになっている小説を探してみました。

(P[あ]9-1)さがしものが見つかりません! (ポプラ文庫ピュアフル)
秋山浩司
ポプラ社 (2014-10-03)
売り上げランキング: 506,062

・さがしものが見つかりません! (秋山浩司)
阪大OBの方が書かれた小説で、もし各キャンパス内に架空の生徒会?があったら・・・という設定で話が進んでいます。阪大生にしかわからない内輪ネタ多めという気がしますが、それなりに楽しめます。


白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 125,036

・白い巨塔(山崎豊子)
ドラマ化もされた超有名な医療系小説です。劇中の浪速大学は吹田キャンパスの阪大病院がモデルです。


<番外編>

阪急電車 (幻冬舎文庫)
阪急電車 (幻冬舎文庫)
posted with amazlet at 16.11.28
有川 浩
幻冬舎 (2010-08-05)
売り上げランキング: 3,050

・阪急電車(有川浩)
映画化もされた阪急今津線を舞台にしたオムニバス小説で、阪大や石橋駅とは直接関係ないですが、多くの阪大生の通学の足となっている阪急電車が舞台で、あと個人的に気に入っている作品なので勝手に紹介してみました。


<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆
大阪大学SF図書館 (大阪大学SF研究会出版)
(2016-02-09)
売り上げランキング: 195,231


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...