2017-06-26

【和歌山旅行】南紀白浜のアドベンチャーワールドに行ってきた

PR


ちょっと前に、和歌山県南部の南紀白浜アドベンチャーワールドという動物園に行く機会があったので、そこで撮ってきた写真を貼っていきます。
関連:和歌山旅行


ライオン。世間一般でのイメージとは裏腹におちゃめなご様子。

トラ。木陰で涼んでいる様子は人と変わらない。

アドベンチャーワールドのジャパリバスその1。


ダチョウ。餌やり体験が出来るが、実際にやってみると、くちばしが見た目以上に痛い。


 サイ。

 栄光ある孤立?
 アドベンチャーワールドのジャパリバスその2。

 カバ。とにかく眠そうだった。


 キリン。餌やり体験が出来る。近くから見るとなかなか不思議な造形。


 ムフロンというヒツジの原種。


 ちなみにムフロンが一匹、柵を越えて脱走して餌やり機を占領していた。





 ゾウ。背景のくすんだ色合いの観覧車が荒廃したジャパリパークを連想させる。

 バイソン。
 アドベンチャーワールドで有名な動物の一つのパンダ。意外に体毛が茶色っぽかったのはびっくり。



 モルモット。

 イルカショー。大人気でいい席が取れなかったのが残念。

 イルカ。サービス精神旺盛で楽しかった。

 ペンギン。微動だにしない。

ペンギンの集団を見ても微動だにしない。

ペンギンの親子。これまたロンドンのマダム・タッソーの蝋人形館の人形の如く微動だにしない。

 ラクダ。気軽に触れるようになっていたけど、実は噛み付くのが得意なフレンズだったりする。

 アルパカ。ラブライブ!のアルパカを思い出す・・・

 フラミンゴ。

 お疲れの様子のパンダ。

 パンダをのぞく時、パンダもまたこちらをのぞいているのだ。

扉の向こうには何が・・・?

 悠然と笹を食べ続けていたパンダ。

 「けものフレンズ」のサーバルちゃんのおかげで一躍有名になったサーバルキャット。まさかアドベンチャーワールドで出会えるとは思わなかった・・・

ずっと歩き回って挙動不審だったサーバルキャット。

ホッキョクグマ。虚空を見つめて微動だにしない・・・

こんな感じでアドベンチャーワールドは楽しかったです。けもフレに出てきた動物も見れて個人的には大満足でした。ちなみに和歌山県の動物園といえば、アドベンチャーワールドが有名ですが、和歌山市内の和歌山公園動物園もこじんまりとしていて、市内観光のついでにいくと楽しいのでおすすめです。

関連:フレンズたちに会いに和歌山公園動物園へ行ってきた


<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆
WEB拍手ボタン・コメント 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...