2019-03-09

【おすすめ】なろう系小説の「転生内親王は上医を目指す」が超絶面白い件【小説家になろう】




最近読んでいる、なろう系小説の「転生内親王は上医を目指す」という作品が超面白いので紹介してみました。

関連「小説家になろう」のオススメ作品をジャンル別に紹介!
関連本・小説に関する過去記事


タイトル:転生内親王は上医を目指す
リンク:https://ncode.syosetu.com/n5465fc/
作者:佐藤庵

概要としては、主人公の城郭オタクの初期研修医の女性が志半ばにして文字通り落命し、なぜか明治時代の皇室の内親王として転生し、現世の知識をもとに日本の歴史を変えていくという内容です。

自分がハマったポイントとしては、史実とフィクションのバランスがちょうどいい塩梅でストーリーが進んでいることと、わかる人にはわかる歴史ネタをいい感じに忍び込ませていることです。また、なろう系にありがちな「圧倒的チートで問題を瞬間解決!周りの人絶賛!」という感じではなく、主人公や周りの登場人物が悩み考える過程もよくわかるので、ある意味、医療系ドラマのノリ?でも楽しめて、非常に興味深いです。

もともと自分は、明治・大正時代のレトロな赤レンガ建築の雰囲気が好きなので、結構ひいき目に読んでいる可能性もありますが、それを差し引いても普通に面白いので、春休みの暇つぶしに読んでみるといいかもしれません。


ちなみに、以下ではおすすめ小説・ライトノベルに関する過去記事を紹介しています。
関連「小説家になろう」のオススメ作品をジャンル別に紹介!
関連このラノベが凄い!異世界転生コンサル系小説を独断と偏見で選んでみた
関連:本・小説に関する過去記事


<ブログトップへ戻る>

WEB拍手ボタン・コメント 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...