2017-06-03

ベトナム旅行に行ってきた(ホーチミン・美術博物館・サイゴン中央郵便局・シェラトンサイゴンホテル)

PR


理系の先輩方と台湾経由でベトナム旅行に行ってきました。今回は、ホーチミン市の美術博物館、聖母マリア教会(サイゴン大教会)、サイゴン中央郵便局、シェラトンサイゴンホテルのアフタヌーンティー、サイゴン動物園に行ってきた時の様子を紹介します。

関連:ベトナム旅行に行ってきた(ホーチミン・ベトナム戦争証跡博物館)
関連:ベトナム旅行


この日の朝食はホテルからちょっと歩いた先にあった屋台の麺類にチャレンジしてきました。地元の人が集まっていたので、結構いい感じだと予想していましたが、予想以上の美味しさでした。

通りすがりに見えたお寺。ティエンハウ廟を思い出します。
関連:ベトナム旅行に行ってきた(ホーチミン・天后宮/ティエンハウ廟)

散歩の途中で見つけた線路。日本の線路のように踏切がなかったので、実際に電車が来るとちょっと怖いかも・・・

ホーチミン市美術博物館。前回行ったときは残念ながら閉館日でしたが、この日は無事に入場できました。


 なんだかレトロなデザインのエレベーター。入り口には鍵が掛かっていて、乗ることはできませんでした。


花の写真風の絵。実物はこの写真以上に見応えがありました。

この絵も結構個人的にポイント高かったです。



この美術博物館の作品で自分がいちばん気に入った絵。この絵だけ他とは違う雰囲気で、とても印象に残りました。



別館にもいろいろと展示物がありました。


別館の階段。微妙なカーブの具合が絶妙で、目の前の空間がぐにゃりと曲がっている錯覚に陥りました。

先ほどの階段の外観。背景のステンドグラスも綺麗です。

美術博物館をまわった後は、教会と郵便局を目指して歩きました。

通りすがりに見かけたいかにも社会主義国といった雰囲気の看板

聖母マリア教会(サイゴン大教会)。フランス統治時代に建てられた建物で、コロニアルスタイルが特徴的です。

レンガ造りのこの建物は近くで見ると壮観です。


教会のお隣には中央郵便局があり、その前でお菓子を売っていたおじさんのバランス感覚が凄かったです。


サイゴン中央郵便局。これまたフランス植民地時代から残る建物で、フランス・パリのオルセー美術館をモデルにしたと言われています。


奥にはホーチミンの肖像が掲げられています。

郵便局の中は観光客向けのおみやげコーナーが中央と、両脇の建物にありましたが、通常の郵便業務も行っていました。今回は旅の記念にポストカードを友だちに送ってみました。



中央郵便局の両脇の建物は普通のお土産屋の屋台で、ベトナム土産がいろいろと置いていました。


ベトナム・ホーチミンの高級デパート「パークソン」上の方の階にはイオン系列のスーパーがあり、ベトナム土産を買うのに最適でした。


ホーチミンの市民劇場

前日のカラベルサイゴンホテルでのハイティーに味を占めて、この日はシェラトンサイゴンホテルの英国風アフタヌーンティーにチャレンジしてみました。三段のケーキスタンドがオシャレでした。

ケーキやお菓子を美味しく頂いた後のティータイム。

 サイゴン動物園。実はアジア最古の動物園だそうです。どんなフレンズがいるのかな?と行ってみたら意外な結果でした。詳細は特集記事で後日紹介します。

タンソンニャット国際空港で食べたベトナム最後の食事。思い出補正もあってか、とても美味しかったです。


※今回撮影した写真の一部は先輩提供です。
<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆
WEB拍手ボタン・コメント 
男と女のベトナム語会話術―学校では教えてくれない!
チャン・ティ・ハン・グエン
星雲社
売り上げランキング: 54,980

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...