2016-03-25

京都観光に行ってきた アニメショップ編

PR


京都大学編に続き、今回は京都で行ってきたアニメショップなどについて紹介。


基本的に、京都市内のアニメショップは、寺町京極通や、新京極通にひっそりとありました。また、アニメショップ以外にも、周辺には、アニメ関連の景品が多いゲームセンターやガチャガチャなども多く、秋葉原や日本橋には見劣りするけど、面白い雰囲気でした。ちなみに、寺町京極には普通の画廊や絵画の展示会なども多く、商店街全体でポップカルチャーと古典芸術が混ざり合った楽しい空間でした。

 とらのあな入り口
 メロンブックス入り口
アニメイト入り口

 アニメイトで会った京都市営地下鉄のイメージキャラクター太秦萌のパネル。


きんいろモザイクのキャラクター名の由来。他にも、松原穂乃果ちゃんは松原通が由来で、久世橋先生は久世橋通が由来だそうです。そして、アリスも何となくとは言え、案外、有栖川あたりが関係してたりして・・・

ちなみに、京都は京都アニメーションがあることもあってか、京都が聖地のアニメが多いです。
例えば、

・中二病でも恋がしたい!
・けいおん
・たまこまーけっと
・らき☆すた
・薄桜鬼
・戦国BASARA
・有頂天家族
・いなり、こんこん、恋いろは。
・ブラック★ロックシューター
・響け!ユーフォニアム
・艦隊これくしょん

などなどいろいろなアニメの聖地があります。


 今回の京都観光と関係ないけど、ラブライブの記念切手を手に入れた時の写真を発掘したので、ついでに貼ってみました。


大阪大学の外国学図書館で見つけたアニメ関連の書籍。(他にもあります)


<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆

「きんいろモザイク」と英語レッスン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...