2016-09-27

赤福の国でおたふくになったっぽい

PR


つい先週、たまたま「半分の月がのぼる空」の聖地の伊勢に行く機会があったのですが、そこで、まさかのおたふく風邪(流行性耳下腺炎)にかかり、数日間ダウンしていました。(鳥羽水族館とか、伊勢神宮に行って、ついでに名物の赤福でも食べてこようと思ったのに残念…)


おたふく風邪は主に空気感染で伝染するようです。そして潜伏期間が2~3週間ほど(逆算すると関西空港で感染ったっぽい?)で、一般的には喉の痛みから始まり、やがて両頬が腫れて膨らみ、口を開けると外側の筋肉など?(唾液腺)が痛みます。また、食事のときに噛んだり、酸味のある食べ物を食べると痛みが増します・・・そして、腫れが出てから数日後から、高熱が出て、なかなか大変でした
しかも質の悪いことに、この病気には決定的な治療法がなく、対症療法しかないそうです
そんなわけで、病院に行った後は一週間ずっと部屋の中で艦これとか読書とかしていました・・・

ちなみに大人がかかると悪化したりして結構面倒なのでお早目のワクチン接種を推奨します。また、空気感染?するので接客業の人は特に注意なのです!

<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...