2018-01-14

貯金ゼロの小学生でも自己負担ゼロで笑っちゃうくらい簡単に仮想通貨の取引を始められる方法

PR


今回は、ビットコインやリップルといった今話題の仮想通貨取引をしてみたいけど、お金がないからできない!リスクは取りたくない!という人のために自己負担ゼロで仮想通貨を始める方法を書いてみました。

関連:社会経済に関する過去記事

<用意するもの>
1.身分証明書(以下から1つ)
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・運転経歴証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
2.携帯電話やスマホ
3.所要時間10分程度


<やり方>
1.コインチェック(coincheck)を開きます
参考:ビットコイン(Bitcoin)を最短10分で購入 | Coincheck(コインチェック)
2.電話番号認証とアカウント登録をします
3.自撮り写真と身分証明書の写真をアップロードします
4.メニューの「アフィリエイト」からリンクをコピーします

招待が完了するとコインチェックから紹介ボーナスが出ます。(3,000円~23,000円) 紹介ボーナスは現金か仮想通貨かを選べ、コインチェックの口座に振り込まれます。そのお金を元手に取引すれば、完全に自己負担ゼロで取引できます。あるいは取引に使わず速攻で現金で引き出してもOKです。

※現時点では、アカウント登録後の本人確認完了だけで3,000円の紹介ボーナスが出るので圧倒的にハードルが低く超おすすめです。

※このキャンペーンは、以前流行ったスマホのキャッシュバックキャンペーンのような期間限定のイベントで終わる可能性が高いので、この紹介キャンペーンがある内にとりあえず登録だけしてしまうのがいいと思います。


一般的に仮想通貨取引は怖いというイメージが強いですが、結局取引でやることは、「仮想通貨の値段が安ければ買って、高くなれば売る」ということだけなので、自己資金や借金で取引をやらない限りは、損する要素がないです。

ちなみに、セキュリティーに関しても仮想通貨を構成するブロックチェーン技術は、実は通常の銀行取引よりもハッキングに強かったりします。そのためコインチェックといった信頼性の高い取引所を使う限りは、リスクは無視できるレベルだと言えます。そして、気になる税金の話ですが、雑所得に分類され年間の売買利益の合計が20万円を超えない限りは基本的には申告の義務はないそうです。

関連:【株式投資】独断と偏見でオススメ株主優待カレンダーを作ってみた【資産運用】
関連:最低限知っておきたい!賢いお金の使い方・増やし方・貯め方
関連:「ニートがお金持ちになる方法」が面白かったのでまとめてみた

※当然ながら投資は自己責任でお願いします。

<ブログトップへ戻る>

☆★コメント★☆
WEB拍手ボタン・コメント 
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-28)
売り上げランキング: 65

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...