2018-07-07

【Twitter】ツイッターでフォロワーを5000人獲得する方法




今回はTwitterでフォロワーを平和的に5000人台まで増やすために実践してきた方法についてまとめてみます。いまどきフォロワーはお金で買えますが、それではコンテンツ・メディアとしての価値は皆無なので、地味でも確実な方法を書いていきます。

関連【ネット炎上】Twitterアカウントの特定方法から考えるアカウント防御法
関連社会経済に関する過去記事


0.アカウントの方針を決定
個人の趣味ならともかく、SNSマーケティングといったビジネスレベルで本格的にTwitterを運営する場合、フォロワーターゲットの選定と、発信コンテンツの統一が必要となります。つまり、ジャンルごとにアカウントを複数作ったほうが、アカウント運営としては安定します。

1.プロフと写真・アイコンを充実
次にトップページの充実が重要となります。アイコンも、アカウントの方針にあったものを使いましょう。プロフィールの文面は検索キーワードにも影響するので、なるべく情報量を多くして、なおかつ検索されやすいキーワードにするといいです。

2.アカウント方針にあったツイート
フォロワーから信頼されて、なおかつバズるアカウントにするには、誰の得にもならないムダな愚痴ツイートをやめて、逆に娯楽的、あるいはフォロワーの利益になる最新の独自コンテンツを発信し続ける事が重要となります。ちょっと迷う情報でも、人によっては有益なものとなるので、遠慮せずに発信できるといいと思います。

3.2000人の壁の突破
フォロワーを増やすためには、ユーザーに大してフォローという形で働きかけていくことも重要です。しかし、Twitterのシステム上、ただのアカウントが無条件にフォローできる数は限られており、2000人以上になると、同等規模のフォロワーが必要となります。

そのため、まずは2000人の壁を突破するためには、最初のうちは、それぞれのジャンルごとに関連あるアカウントのみフォローすることが重要となってきます。その次に既にフォロワーの多いアカウントや日頃関わりのあるアカウントをフォローしていきます。いわゆる「鍵アカ」は無視しても基本的にはOKです。

4.時事問題やハッシュタグのネタへの適度な参加
最近の時事問題のネタやハッシュタグのネタに乗っかったツイートができると、検索キーワードにもかかりやすくなり、さらにセンスがあって面白ければ、リツイートという形で、全く無関係の人にもアカウントを宣伝してもらい、結果としてフォロワー増加につながります。

5.botやツールの活用
定期的に決まったツイートを発信したり、自動返信するbot化ツールの活用や、特定のキーワードに反応してフォローするツールの活用は、適当な頻度であればかなり効果が期待できます。

6.他のSNSや外部コンテンツと連携
長い目で見ると衰退傾向にあるTwitterだけでしか情報発信をしていないと、ターゲットが限られてくるので、同様なSNSであるフェイスブック・インスタグラムの他に、ブログ・HPやYouTubeといった外部コンテンツと積極的に連携させてトータルでフォロワーを増やす戦略が重要となってきます。SNSでは、単に「フォロワー数増加」だけではなく、「トータルで情報収集・情報発信できる規模の拡大」という視点が重要です。




<ブログトップへ戻る>

WEB拍手ボタン・コメント 

SNSで儲けようと思ってないですよね?: 世の中を動かすSNSのバズり方
福田 淳
小学館
売り上げランキング: 286,783

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...