2018-08-08

とある学生寮で見かけたユニークな人物紹介と珍獣観察日記





自分の大学の学生寮は陰鬱で閉鎖的な環境の中にあるためか、稀に個性的な人間、あるいは不思議な方向に進んだ変人も育成されてしまいます。今回はその中で個人的に印象に残っているエピソードを紹介してみました。

関連阪大のとある学生寮であった珍事件集
関連大阪大学に関する過去記事



・救急車リピーター
救急車といえば、普通の人なら一生に一度、乗るか乗らないかといった感じの乗り物ですが、とある知り合いは不健康と悪運がたたってか、既に2回も病院送りになってしまいました。最近は院試に向けて勉強中のようですが、果たしてその進路が大学院になるか、病院になるかは非常に心配なところです。
関連救急車が有料に?-日本の救急搬送の現状と課題


・一流のスナイパー、敗者になる?
とある歯医者志望の先輩はFPSゲームにかけては一流なんですが、学生としては三留(自称)で、この前も追試に落ちそうになり、本人曰く歯医者どころか人生の敗者になるところだったとか・・・本業(副業?)の方もぜひ頑張ってもらいたいです。
関連うっかり単位が落ちるとどうなるのか?


・和装リクルーター
常に道着に下駄履きでキャンパス内を歩き回っている、とある武道系の先輩がいたのですが、ただそれだけではなく、道着の背中に「部員募集」とデカデカと書かれており、なかなかインパクトがありました。24時間部員のリクルート活動に励んでいたので、さぞかし部員が集まったのではないでしょうか。


・無敵のアーチャー
とある弓道部の知り合いは、イケメン秀才で弓の名手との評判が高いのですが、その腕はただ的を射るだけには留まらず、最近、美人な彼女のハートも射止めることに成功したそうです。リア充末永く爆発しろ~(笑)


・裸の王様の凱旋ファンファーレ
とある変人は毎日寮に帰ってくる時に、ずいぶん偉そうなご様子で、お下品な言葉を毎回必ず大声で叫んでいるのですが、愚民たる我々には、やはりその意図は理解不能です。「あの花」のめんまのマネとは思えませんが。凱旋式といえばカエサルは「妻を隠せ!薬缶頭の女たらしのお通りだ!」と野次られるのが定番だったそうですが、その人もカエサル気取りなのでしょうか?全く似てませんが。とりあえず深夜に叫ぶのは迷惑だと思います。


・歩く公然わいせつ集団
以前「よふかし」して見る程でもないテレビ番組に寮のロシアン裸踊りが捏造されたと話題になっていましたが、まさかそれに影響されたのか、本当に生まれたままの姿、あるいは同様な姿で歩き回っている集団も目撃されました。特に先述の裸の王様と愉快な仲間たちは、ほぼ全裸で寮から風呂場まで往復したそうですが、彼らの六法全書には「公然わいせつ」という言葉はなかったのでしょうか?実に不思議です。


・マーキングアーティスト
ちょっと前にリフォームされた寮の共同大浴場ですが、付属のトイレに自治会員がトイレットペーパーをほとんど補充しないおかげで、ある日、視覚と嗅覚に訴える極めて前衛的なアート作品が誕生してしまったそうです。自治会費を徴収するのなら、自治会は備品をしっかり補充してほしいものです。


関連ブラック研究室!?某国立大学の学畜事情
関連大阪大学に関する過去記事


<ブログトップへ戻る>

WEB拍手ボタン・コメント 
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
ヤマザキマリ
エンターブレイン
売り上げランキング: 17,677

※記事中の内容はあくまでジョークです
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...